循環器系

2013年2月21日 木曜日

虚血性心疾患の心電図診断 小菅雅美先生

2013年2月20日 けいゆう病院
演題「虚血性心疾患の心電図診断」
演者:横浜市立大学付属市民総合医療センター心臓血管センター客員准教授 小菅雅美先生
内容「心電計の児童診断はそのプログラムが会社によって異なり、心筋梗塞の心電図でもA社で8割、B社で5割程度の正解率であり、健康診断などでは、問題となることはほとんどないが、共通の症状を持って受診されることが多い、循環器や救急の場面では、必ず、医師の診断が必要である。貫壁性の障害を表すSTの上昇は、誘導による差があり、性別や年齢により異なる点が大事である。男性では、40歳未満でV2-3誘導では2.5mm、40歳以上で2㎜、女性では年齢に関係なく1.5㎜以上を、その他の誘導は1㎜以上を優位な変化と考えることに、次の心電図のガイドラインから明記される予定です。
鏡像変化として―aVR誘導のST上昇があるとタコツボ心筋炎の可能性が強くなる。急性心筋梗塞では、aVL、Ⅰ誘導に、肺塞栓症ではⅡ、Ⅲ、aVFにST変化が出やすい。」

投稿者 川村内科診療所

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
お問い合わせ:045-313-5055
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
pick up
pick up
アクセスタイトル

■住所
〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野2-5-18

■診療時間
9:00~12:30 / 14:30~18:30
※土曜は13:00まで診療となります。
休診日は水曜、金曜午後、土曜午後
日曜、祝祭日となります。

■電話番号
045-313-5055

アクセスはこちら
qrコード