骨格筋

2013年3月12日 火曜日

NSAIDの胃腸障害 横浜船員保険病院 内藤実先生

2013年3月11日 ホテルキャメロットジャパン
演題「NSAIDの消化管障害の現状」
演者:横浜船員保険病院消化器内科部長 内藤実先生
内容「リウマチ疾患や心疾患に対して痛み止め、抗血小板剤としてNSAIDの長期投与が行われているが、これらNSAIDの副作用として消化管障害がある。内視鏡検査を行って確認したところ、内視鏡的に胃に所見がある人の半分近く自覚症状がない状況があり、胃潰瘍があっても4割近くの人に症状がないことがわかっている。従って、長期にNSAIDを飲んでもらうときには、胃腸障害の少ないセレコックスやハイペンといった薬剤を選択するか、プロトンポンプインヒビターの併用が必要となる。急性の海洋からの動脈性出血の場合、血液検査でまだ貧血が出ていない状況で、ふらつきを主訴として来院することもあり、血圧の低下や、頻脈といった所見にも注意が必要である。」

投稿者 川村内科診療所

お問い合わせ:045-313-5055
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
pick up
pick up
アクセスタイトル

■住所
〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野2-5-18

■診療時間
9:00~12:30 / 14:30~18:30
※土曜は13:00まで診療となります。
休診日は水曜、金曜午後、土曜午後
日曜、祝祭日となります。

■電話番号
045-313-5055

アクセスはこちら
qrコード