消化器系

2013年7月 8日 月曜日

B型肝炎治療ガイドライン 水城啓先生

2013年7月5日 けいゆう病院
演題「B型肝炎の最新治療~肝臓病学会治療ガイドラインを中心に~」
演者:けいゆう病院消化器内科部長 水城啓先生
内容及び補足(含質疑応答)「肝癌の原因としてはC型慢性肝炎が72%、B型慢性肝炎が17%と圧倒的にC型肝炎が多いが近年、nonBnonCである肝癌が増加してきている(B型は変わらず)。2013年5月に日本肝臓学会からB型肝炎治療ガイドライン(第1.1版)が出された。
B型肝炎の自然経過は以下のように考えられている。

HBs抗原量が多いと肝癌の発がんリスクが高い。

肝癌の発症を予防するためにはインターフェロン(Peg-IFN)とラミブジン(ETV)の投与が必要である。この抗ウイルス療法の基本方針を次に示す。

Peg-IFNとエンテカビルの薬剤特性を以下に示す。

近年、生物学的製剤が開発され、いろいろな疾患に対して、免疫抑制・化学療法がおこなわれるようになって、HBs抗原陽性あるいはHBs抗原陰性例の一部にHBV再活性化によりB型肝炎が発症し、その中に劇症化する症例も見られ、注意が必要である。免疫抑制・化学療法を行う際のB型肝炎対策ガイドラインを示す。


投稿者 川村内科診療所

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
お問い合わせ:045-313-5055
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
pick up
pick up
アクセスタイトル

■住所
〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野2-5-18

■診療時間
9:00~12:30 / 14:30~18:30
※土曜は13:00まで診療となります。
休診日は水曜、金曜午後、土曜午後
日曜、祝祭日となります。

■電話番号
045-313-5055

アクセスはこちら
qrコード