脳神経系

2013年7月18日 木曜日

レストレスレッグス症候群

2013年7月16日 横浜市健康福祉センター
演題「レストレスレッグス症候群」
演者:大塚製薬株式会社 学術部 伊藤勝浩さん
内容及び補足「夜寝る際に、足の表面ではなく内側に不快な感じがあり、何かに熱中していたり、動かしたりすることにより、症状が減弱・消失する状態をレストレスレッグス症候群Restless Legs Syndrome (RLS)といい、日本人では2~5%の人に症状がみられ、日常生活に支障が出ている人は1.5%、といわれています。


加齢に伴い有病率は上昇し、60-70歳代にピークがあります。

原因は不明ですが、ドーパミン作動性神経の障害と鉄代謝の異常が注目されています。

原因のある二次性のRLSと原因のない特発性に分けられ、発症時期により早期発症と後期発症に分けることができます。

診断は下記流れになり、四つの診断基準と三つの補助的特徴があります。

レストレスレッグス症候群の重症度スケールという質問票があり、質問による点数で重症度を分けています。

近年ビ・シフロールニュープロパッチという薬剤が適応になり、治療の選択肢が広がってきた。


投稿者 川村内科診療所

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
お問い合わせ:045-313-5055
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
pick up
pick up
アクセスタイトル

■住所
〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野2-5-18

■診療時間
9:00~12:30 / 14:30~18:30
※土曜は13:00まで診療となります。
休診日は水曜、金曜午後、土曜午後
日曜、祝祭日となります。

■電話番号
045-313-5055

アクセスはこちら
qrコード