川村所長のプライベート日記

2014年6月30日 月曜日

yomi Dr.3回目

今回は高血圧の方の食事療法で減塩を中心にした記事が掲載されています。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=100693


2回目の記事は下記のもので、脳をだます食べ方でより効率的にダイエットをしましょうという記事です。
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=100475

前回ご紹介した腹ペコウォーキングでは始めて早々に、便秘が改善し、ウエストが細くなります。ただ、体重が落ちるには若干時間がかかります。もっと早く、体重を落としたいという方には、もう一工夫していただく必要があります。いろいろなダイエットで言われている食事量を減らすことです。
 それだったら今までの他のダイエットと変わらないじゃないかといわれる方は、ぜひこれからお話しする内容についてじっくり考えてみてください。今までのダイエット方法とは明らかに違う考え方に基づいた、食事減少方法なのです。

 太る原因の多くは、食べ過ぎによります。食べ過ぎてしまうものは、嫌いな食べ物ではなく、好きな食べ物が圧倒的に多いのです。この好きな食べ物を我慢してダイエットに成功しても、この我慢は続きづらく、すぐにリバウンドしてしまうのです。場合によっては、ダイエットする以前よりも太ってしまうことにもなりかねません。

好きな食べ物をいっぱい=もったいない食べ方

 ここで考え方を変えてみましょう。「好きな食べ物をいっぱい食べる=好きな食べ物一個にかける時間が短い=時間をかけて食べていないので味わって食べていない=好きな食べ物を味わって食べていないことはすごく損をしている=非常にもったいないことをしている」ということに気づいてほしいのです。

 そんなことはない、「たくさん食べていても、しっかり味わって食べているよ」とほとんどの方は反論されます。

 そのとき、「この小さいチョコレート1個が3000円するプレミアものだったら、いつもと同じように食べられますか?」と聞いています。

 あるご年配の方には、「虎屋の高級羊羹(ようかん)」でお話をしたら、すごく納得していただけました。 彼女の返事は「そりゃーもう薄く切って、ちょっとずつじっくり味わって食べるわよ!」でした。いつもと違い、少しずつ口に運び、じっくり味わって食べる自分の姿がそこにあるのです。

4分の1に切ってみれば...

 高価なもの、まれにしか食べることができないものを食べるときには、自然と味わう食べ方に変わるのです。大好きな食べ物を、もっと味わう食べ方を知っていながら、その食べ方で食べていないことを、嘆き悲しんでほしいのです。失敗したことを人は繰り返したくないので、変わっていくのです。この気持ちを利用すれば、頑張ることや我慢することなく、生活習慣を変えていくことができるのです。

 たとえば4分の1に切って食べるとしましょう。口に入る量が4分の1になるので、いつもと同じタイミングでのみ込んでも、4倍相当かむことになります。唾液も口に入れるものの差によって分泌量は異なりますが、口に入れる量では、分泌量はほとんど変わりません(おにぎりを多く頬張(ほおば)った際にのどから流れて行かなくて、水やお茶を飲んだことがありますよね)。4分の1の量しか口に入れなければ、4倍量の唾液が担当してくれることになり、口の中で、食べ物を消化できれば、「一口で二度おいしい」味の変化も楽しむことができるのです。

 そればかりでなく、4分の1に切ることにより4倍の個数になるのです。5個しかない空揚げだと食べたりなくて何かを出してきて食べる人でも、4個に切って(合計20個)食べるようにすれば、残すことも可能かもしれません。

 人間の空腹感は、血糖値が上昇してくる15~30分は消えないのです。早食いをしていると、胃が満杯になっても、空腹感が残っているので、気持ち悪くなるまでつい食べ過ぎてしまうことになるのです。

 4分の1に切って、2桁ぐらい違う高価な食べ物を想像して食べることができれば、太らない味わう食べ方になるのです。ぜひ自分の脳をだまして、太らない食べ方を身につけましょう。

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

2014年6月24日 火曜日

yomiuri Dr. 連載中のスマート健康塾 第1回

6月23日よりダイエットの達人・ドクター川村のスマート健康塾 第2回『「超高級品」味わう食べ方で...脳をだますダイエット』が掲載されています。

第1回目の内容は、
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=100094
でご覧になれますが、以下のものです。

リバウンドせず、食べない我慢もしないダイエット法

 コラムの第1回は、夏に向けて関心が高い「ダイエット」の話題にしましょう。

 ダイエット本が氾濫しているのは、ダイエットがたとえ成功しても長続きしないからです。

 確かに、食べるものを我慢して摂取カロリーを控えたり、激しい運動をして、運動消費量を増やしたりすれば、短期間で劇的に体重を落とすことは可能です。しかし落とした体重を維持できない人がほとんどではないでしょうか。我慢や努力が続く人は問題ありませんが、多くの人はそうではないのです。

 私は、リバウンドしない、時間もかけない、お金もかけない、食べない我慢もしないダイエット方法を数年前に開発しました。そのダイエット法「腹ペコウォーキング」を紹介します。

 私は運動が嫌いで48歳の時には下記の写真のようなメタボ体形になっていました。でも、通勤時間に腹ペコウォーキングをしていたら、3か月後には真ん中の写真になったのです。最近は少し歩き方を変えてやっていたら右端のように腹筋が割れてきました。ぜひこれから説明する方法を皆さんもやってみてください。

 実際にやることはすごく簡単なことで、歩く際におなかを出し入れするだけです。正しいやり方はありませんが、効果的なやり方が人によって異なるので、いくつかのやり方を以下に説明します。

● 腹ペコウォーキングの注意点

1.腹筋に力を入れて、ゆっくりと引っ込める
早く引っ込めると反動を使った動作になり、脂肪燃焼効率が低下します。

2.おなかを出す際にも腹筋に力を入れてゆっくりと出す
通常は腹筋の力を抜いて、おなかを出しています。ここで腹筋に力を入れて行うことにより、消費カロリーが増えます。ただし力を入れすぎると反動を使った動きになり消費カロリーが低下することと、筋肉痛が出てきたり、呼吸が荒くなって、腹ペコウォーキングの持続が困難になります。

3.おなかに手をあてる
おなかを出す際に腹筋にうまく力が入りにくい人は、おなかに手を当てて、手でおなかを押し込むようにした後、手の力を緩めないまま、腹筋に力を入れて、ゆっくりとその手を前に押し出すようにしてみましょう。

4.息苦しくないペース
おなかを動かす際に呼吸が連動する人がいます。息苦しくないペースで歩くスピードを調節してください。それでも息苦しくなるのでしたら、自分の呼吸のペースに合わせておなかを出し入れしてもOKです。その際には足の動きとの関係は無視してください。

● ペースもいろいろ

2歩で1回のリズム:
右足を前に出した際におなかを出し、左足を前に出した際におなかを引っ込めるだけです。

4歩で1回のリズム:
1歩目2歩目の動きで、おなかをゆっくり突き出し、3歩目4歩目でおなかを引っ込めましょう。「出して、出して、引っ込め、引っ込め」です。

4歩で1回のリズムのバージョンアップ編:
1歩目2歩目の動きで、おなかをゆっくり突き出し、3歩目でおなかを引っ込め、4歩目で力を入れている腹筋を上に持ち上げるように力の入れ方を変えましょう。「出して、出して、引っ込め、上げて」です。

1歩に1回のリズム:
1歩ごとにおなかの出し入れをします。足を出す際におなかを出し、足が着地するときにおなかを引っ込めます。ゆっくり歩かないと、かなりきつい運動になります。おなかの動きと呼吸が連動する方は、この方法はやらないでください。

腹筋割りスウィング歩行:
右足を出した時に右の腹筋を引きあげるように力を入れ、左足を出した時に左の腹筋を引き上げるように力を入れます。

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

2014年6月16日 月曜日

YomiDr.

読売onlineの医療:YomiDr.のコラム欄に本日から記事が連載されます。
色々と健康管理面や病気について記事を書いていきます。
是非ご一読いただき、ご感想を寄せていただけると嬉しいです。

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

2014年6月14日 土曜日

めまいの診断と治療 ―up to date― 肥塚泉 教授

2014年6月9日 横浜市立脳血管医療センター
演題「めまいの診断と治療 ―up to date―」
演者:聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授 肥塚泉先生
内容及び補足「
2001年の市中病院での宇野らの統計によると疑い例を入れると良性頭位変換めまい(BPPV)が40%を占める。

BPPVの特徴は回旋性が強いことである。EMGやEOG検査では機械の性質上垂直性変動は瞬きがあるため、弱く、回旋性の動きに対しては、電位があまり出ないので記録に出にくい。
Frenzel眼鏡が出てきて容易に診断できるようになった。
めまいを主訴として神経内科を受診した1332例の検討では、BPPV確実例が39%、疑い例が15%、緊張性頭痛が16%とこちらにおいても約半数がBPPVであった。
診断においては、病歴が重要で
靴紐を結ぶとき、洗濯物を干すとき、高いものを取るとき、歯科治療時、床屋などで横になって洗髪をするときに生じるめまい発作で我慢をすると軽くなったり、起こらなくなるもので、難聴、耳鳴りは伴わず、体のふらつきも自覚しない(症状の自覚の仕方による差もあるが)ものが多い。
めまい頭位を取ることにより、数秒の潜時をおいて症状が出現する。

参:めまいが発生する機序を見てみよう。
内耳は蝸牛と三半規管からなっている。

この三半規管の卵形嚢にある平衡斑に平衡砂(耳石)が乗っている。

拡大してみると有毛細胞の上に平衡砂膜(耳石膜)がありそこに耳石が乗っている。

此処から剥がれ落ちた耳石は平衡砂膜の周囲にある暗細胞に吸収され代謝される。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jibiinkoka1947/79/10/79_10_1213/_pdf
耳石を電顕で見てみるとこんな感じの円柱状の大部とその両端に三面構造を持つ形である。

この耳石が耳石膜からはがれ、半規管の膨大部にあるクプラに付着することにより半規管内のリンパ液の流れを乱して頭の動きを過剰に感知するために起こる症状である。
頭を動かしたときにリンパ液は一緒に移動するけれど、耳石はリンパ液よりも重いため、すぐには移動せず、壁にくっついて頭と一緒に移動する。位置が変わったことにより、この石に働いている重力によって、より低い位置に耳石が移動し始めると頭を動かしていないのにリンパ液の流れができて、頭が動いたと勘違いしてしまい、10秒ほどの時間差を置いてめまいが起きる。難聴や耳鳴りを伴うこともなく、この耳石が移動して一番低い位置に落ち着くとめまいが消失するので、めまい発作の持続時間は長くても二分以上続くことはない。

めまいと眼振の関係を研究したFlourens(フルーラン)の法則がある。
* 外側半規管型の場合 (半規管結石型56.9%、クプラ結石型13.7%)
左外側半規管内に耳石が入って刺激が発生した場合、刺激を受けるのは右目の外側直筋と左目の内側直筋なので、水平方向の眼振が生じる。

* 後半規管型28.4%
左後半規管に耳石が入って刺激が発生した場合、刺激を受けるのは、右目の下直筋と左目の上斜筋なので、観察者からみて反時計方向の回転と下方への偏移が生じる(緩徐)相その後、眼球は急速に時計方向及び上方に動き(急速相)元の正中眼位に戻る。

* 前半規管型0.98%
前半規管が刺激を受けると左側の上直筋と右側の下斜筋が収縮するので、情報への偏移と観察者からみて反時計方向への回転が生じる(緩徐相)。その後眼球は急速に時計方向及び下方に動き(急速相)、正中眼位に戻る。

http://www.memai-pro.com/nystagmus/mechanism.htm
()内の各型の頻度は、松橋耳鼻咽喉科・内科クリニックのスライドの98例の頻度から引用した。
http://www.kumamotoh.rofuku.go.jp/medical/lecture/docs/%E3%80%8C%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%84%E3%81%AF%E3%80%8E%E7%9C%BC%E3%80%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%8D.pdf#search=%27%E8%89%AF%E6%80%A7%E9%A0%AD%E4%BD%8D%E5%A4%89%E6%8F%9B%E6%80%A7%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%84+%E9%A0%BB%E5%BA%A6%27

めまいの診療は、身体診察と問診で75%診断できるとしている。
http://www.amjmed.com/article/S0002-9343%2899%2900260-0/abstract
一人の人にあまり時間をかけられない外来診療の中で、効率的に質問をするために、半構造化質問という手法がある。
主訴に対して『OPQRST』という質問をする方法である。
・O(Onset):発症様式
・P(provocative):誘因
・Q(quality):症状の性質
・R(related symptom):随伴症状
・S(severity):重症度
・T(temporal factor):時間経過
めまいのBPPVの情報に当てはめてみよう。
O:突然発症(緩徐に発症し悪化するものは中枢性の可能性が大)
P:頭位変換や立位で増悪 
Q:回転性めまいの75%が末梢性 血の気が引く感じ
R:耳鳴り、難聴、耳閉はない(あればメニエール)
S:目を開けていられない
T:一回のめまいは数十秒以内、長くても2分にはならない(前庭神経炎では数日)

参:人によって項目が異なり、一般的には、以下の略語としている人が多い。
・O(Onset):発症様式・P(palliative/provocative):増悪・寛解因子・Q(quality/quantity):症状の性質・ひどさ・R(region/radiation):場所・放散の有無・S(associated symptom):随伴症状・T(time course):時間経過

めまい発作が出なくなるまでに、外側半規管の場合16日、後半規管で34日といわれている。
体位変換によって外側半規管のBPPVのめまいを直すことができる。
色々な変法があるが、野上耳鼻咽喉科医院のHPの写真が分かり易いので、許可を得て以下に掲載する
http://www.nogamijibika.com/epley.html

ただし川村が診療所で行っている方法はこの方法とは少し異なる


座位(浮遊耳石の動きを黄色で示しています)

右45度頸部捻転して懸垂頭位を取る。浮遊耳石はクプラから離れていく

懸垂頭位のまま左45度に頸部捻転

さらに体全体を90度左へ回転

頭と体の位置関係を保ったまま体を起こす。浮遊耳石は後半規管の外へ出る。

Epley法で症状消失までに4.22日、眼振消失までに5.12日とされている。
型別では、Imaiらは108例のBPPV患者において体位変換による治療後に完全にめまいが消失するまでに後半規管型で39日、外側半規管型で16日かかったと報告している。
http://www.neurology.org/content/64/5/920.abstract
ただしこの方法で全例治るわけでなく8割前後とする報告が多い。後半規管型に対して、体位変換を行い、外側半規管に入ることもある。その際には水平眼振が出てくるので、分かる。
BPPVと骨密度の関係がいろいろと取りざたされている。

BPPVの発作回数が多い人ほど骨量が減少している人が多い。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jser/71/1/71_1_33/_pdf
近年内耳にVit Dの受容体があるとの報告もある。

参考HP:
http://www.hotweb.or.jp/shirato/memai-bppv.pdf

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

お問い合わせ:045-313-5055
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
pick up
pick up
アクセスタイトル

■住所
〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野2-5-18

■診療時間
9:00~12:30 / 14:30~18:30
※土曜は13:00まで診療となります。
休診日は水曜、金曜午後、土曜午後
日曜、祝祭日となります。

■電話番号
045-313-5055

アクセスはこちら
qrコード