川村所長の講演会打ち明け話

2013年7月 8日 月曜日

腹式呼吸のマスター方法

5月29日にCOPDのリハビリの仕方という講演を行いました。
腹式呼吸を指導法がいろいろなサイトで紹介されています。

何人か腹式呼吸ができていると思われている方の呼吸を細かく見てみると、
腹式呼吸をしているつもりでも、胸壁が動いている方がほとんどでした。
チェックの仕方は両脇に物を挟むように上腕を体の横に押し付け、大胸筋にも力を入れてみましょう。
こうすることにより、胸壁がほとんど動かなくなります。
この状態で息を目一杯吐いてください。

そして、お腹を凹ませながら息を吸ってみてください。
この時息がすえた方は、腹式呼吸がきちんとできていないのです。
胸壁が固定されて動かない時には、お腹が凹むと、横隔膜が上昇し、肺の容量が減少するので、息を吸うことができないのです。
息がすえるということは、胸壁を広げていることになります。つまり、息を吸う際に胸壁を広げることを無意識にしているのです。

今度は逆にお腹を出しながら息を吸ってみてください。
お腹を凹ませた時よりも、楽に息がすえるはずです。
息がすえない方は、腹式呼吸ができず、胸壁が広がらないと息を吸うことができない方です。

トレーニング方法としては、先ほど述べたように胸壁を固定して、息を吐き、しばらく息を止めておきます。
胸壁に入れている力をより強くして、お腹を突き出すように腹筋を動かします。
その際に「息を吸う」という気持ちを強く持ち、呼吸をしてみてください。

一回出来たからといって腹式呼吸がマスターできたわけではありません。
絶えず意識をして「お腹を出す際に息を吸い、お腹を凹ます際に息を吐く」ことをしているかどうかチェックしてみてください。
結構すぐに逆の動きになってしまいます。
「出して出して、凹ませ、凹ませ」というお腹の動きに「吸って、吸って、吐いてはいて」という呼吸の動きが連動するまで繰り返して行いましょう。
寝る前や、朝起きた時、5分から10分ぐらいできるとよいでしょう。

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

2013年7月 1日 月曜日

インアウトダイエット

6月29日に「世界一受けたい授業」に出演しました。今まで著書や健康雑誌で紹介してきた
「腹凹ウォーキング」「腹凹トレ」といった言葉ではなく、別のタイトルを付けたいとの要望があり、
番組スタッフさんたちが協議して「インアウトダイエット」という今までつかっていないタイトルになりました。
そのため、インアウトダイエットで検索をかけられても、自分の診療所のHPにたどり着くことは困難だったと思います。
放送されていない場面でも、笑いありの楽しい収録でした。
改めて、番組を見て、編集がよいので、分かり易くなっているなと実感しました。
三ツ矢さんと久保田さんのafterの結果は聞いていなかったのですが、一目見て、
かなり体が絞られたことが分かったので「結果ドキドキしますね」という言葉はでず、
「変化の数値が楽しみです」というのが実感でした。
有田さんの「嫌がらせ」は実に絶妙で、秋山さんの「豹変」も楽しく拝見させていただきました。
放送された以外でもお伝えしたいことがたくさんありますが、再度出演の機会があれば、
そういったテクニックや考え方・見方、行動の仕方をお伝えしたいと思います。
また、7月10日ごろに二冊目のMOOKがわかさ出版から出る予定なので、そちらも見ていただければ幸いです。

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

お問い合わせ:045-313-5055
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
pick up
pick up
アクセスタイトル

■住所
〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野2-5-18

■診療時間
9:00~12:30 / 14:30~18:30
※土曜は13:00まで診療となります。
休診日は水曜、金曜午後、土曜午後
日曜、祝祭日となります。

■電話番号
045-313-5055

アクセスはこちら
qrコード