消化器系

2013年7月 8日 月曜日

C型肝炎 東京都医科歯科大学 朝比奈靖浩教授

2013年7月5日 けいゆう病院
演題「C型肝炎治療の現状と今後の展望~肝がん進展抑制と次世代の治療~」
演者:東京都医科歯科大学消化器内科大学院肝臓病態制御学講座教授 朝比奈靖浩先生
内容及び補足(含質疑応答)「2013年5月に日本肝臓学会からC型肝炎治療ガイドラインが出された。
日本人の死亡統計で、肝癌は男性で第4位、女性で第5位であり、地域的には大阪などの西日本に多く東日本で少ない傾向にある(その中でも東京や神奈川などは多い)。

肝癌の原因としては、近年日本においては、C型肝炎が72.7%、B型肝炎が10.4%、NASH10.2%、アルコール性が5.5%といった割合になっている。アジアでは圧倒的にB型肝炎が多く、C型肝炎が多いのは、日本に特徴的であり、また、他の国に比べても、C型肝炎の患者さんの年齢分布がかなり高齢である。
しかし、近年若年者の間でも、新規のC型肝炎患者の発症が少なくない。

その原因として、国立感染症研究所のデーターでは、性交渉のみでなく、薬剤の静脈内投与(麻薬の注射)、カミソリ、ピアス、入れ墨などが原因として挙げられている。



治療薬も第一世代のプロテアーゼ阻害薬であるテラプレビルが2011年11月にゲノタイプ1型抗ウイルス量例に対して使用可能となり、テラプレビル+Peg-IFNα2b+リバビリンの三剤併用療法において、初回治療のSVR(Sustained virological response:治療終了後24 週で血中HCV RNA 感度以下)はテラプレビルが使われていなかった時の40~50%が70%にまで向上した。しかし、高度な貧血の進行や重篤な皮膚病変の出現など副作用も増加した。副作用が少ないと考えられている第二世代のプロテアーゼ阻害剤(TMC43514、MK700915、BI-201335)とPeg-IFN+リバビリンの併用療法やIFNなしでプロテアーゼ阻害剤/NS5A阻害剤の内服剤による抗ウイルス療法などの臨床試験が進んでいて、SVR率が80%以上との報告がなされている。治療の反応性や、副作用の出現率などを考慮すると次のような理治療のガイドラインとなる。

ウイルスが陰性化しても、GPTが高値例やαFPが6を超える症例においては肝癌の発症が見られるので、定期的な経過観察や治療による介入が望ましいと考えられる。逆にウイルスが排除できなくても、αFPやGPTが低値であれば、肝癌の発症率は低いので、そういった治療を行うことも一考である。」

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

2013年7月 8日 月曜日

B型肝炎治療ガイドライン 水城啓先生

2013年7月5日 けいゆう病院
演題「B型肝炎の最新治療~肝臓病学会治療ガイドラインを中心に~」
演者:けいゆう病院消化器内科部長 水城啓先生
内容及び補足(含質疑応答)「肝癌の原因としてはC型慢性肝炎が72%、B型慢性肝炎が17%と圧倒的にC型肝炎が多いが近年、nonBnonCである肝癌が増加してきている(B型は変わらず)。2013年5月に日本肝臓学会からB型肝炎治療ガイドライン(第1.1版)が出された。
B型肝炎の自然経過は以下のように考えられている。

HBs抗原量が多いと肝癌の発がんリスクが高い。

肝癌の発症を予防するためにはインターフェロン(Peg-IFN)とラミブジン(ETV)の投与が必要である。この抗ウイルス療法の基本方針を次に示す。

Peg-IFNとエンテカビルの薬剤特性を以下に示す。

近年、生物学的製剤が開発され、いろいろな疾患に対して、免疫抑制・化学療法がおこなわれるようになって、HBs抗原陽性あるいはHBs抗原陰性例の一部にHBV再活性化によりB型肝炎が発症し、その中に劇症化する症例も見られ、注意が必要である。免疫抑制・化学療法を行う際のB型肝炎対策ガイドラインを示す。

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

2013年7月 1日 月曜日

見逃しのない胃内視鏡のコツ 山鹿中央病院 木庭 郁朗先生

2013年6月26日 けいゆう病院
演題「見逃しのない胃内視鏡のコツ その1 咽頭から十二指腸まで」
演者:山鹿中央病院消化器科部長 木庭 郁朗先生
内容及び補足(含質疑応答)「内視鏡診断には、病変の発見である存在診断、その病変の招請・悪性をみる質的診断、その病変の広がりを見る量的診断が必要である。上部消化管内視鏡検査で、食道や胃・十二指腸を注意深く観察しているつもりでも、翌年、翌々年に胃癌や食道癌が見つかることがある。3/4がリピーターである年間3000例あまりの健診受診者の内視鏡で食道癌が1例、胃癌が10例弱見つかる。近年では、NBI(Narrow Band Imagingシステム)や拡大内視鏡などの検査機器の発達に目覚ましいものがあり、それらの器具をうまく使い分けることにより、診断率が向上する。まず食道を通常観察で見た後、NBIで観察し、その後胃・十二指腸を十分に観察しする様にしている。人により、終りに食道のNBI観察を行う人がいるが、自分は、いろいろな処置が終わった後食道の観察を行うと、見落とす確率が増える気がするのでこのようにしている。病変を発見する手掛かりは、粘膜表面構造の変化、血管模様、粘膜の色調の変化(発赤、退色)が手掛かりとなる。NBIでBrawnish Areaがあれば癌病変を強く疑って対応する。
観察をしやすくするために、ガスコンを飲んでもらった後に水を追加で飲んでもらって咽喉頭の観察をしやすくしている。胃の観察の際には、胃内に泡や水分ができるだけない状態にしてから観察することと、必ず、空気をしっかり入れ胃壁が進展されている状況下にしてしっかり観察することも必要である。見落としやすい部位の一つとして、胃食道接合部があり、この部位は、挿入時よりも引抜時に観察した方が良く見えます。ただし、食道炎の酷い人は、病変が修飾されているのでPPIで治療し、食道病変が落ち着いてから再度観察する方が良いでしょう。その他に、胃に病変を見つけた時、他にも病変があるものを気付かないで検査を終えてしまうことが時にあります。他にも病変がある可能性を念頭に置いて、丁寧な観察をするだけでなく、後で振り返って確認できるよう写真もできるだけ多くとることが望ましいでしょう。下咽頭癌と食道癌の合併は10~30%と高頻度であり、絶えず合併している可能性を念頭に置き検査をしていく必要がある。
また、内視鏡挿入時の左側臥位でいびきをかく人が少なからずおり、観察してみると咽頭・喉頭の呼吸性変動が大きく、閉塞型睡眠時無呼吸症候群の診断に用いている。

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

お問い合わせ:045-313-5055
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
pick up
pick up
アクセスタイトル

■住所
〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野2-5-18

■診療時間
9:00~12:30 / 14:30~18:30
※土曜は13:00まで診療となります。
休診日は水曜、金曜午後、土曜午後
日曜、祝祭日となります。

■電話番号
045-313-5055

アクセスはこちら
qrコード