糖尿病系

2013年6月15日 土曜日

糖尿病と歯周病 横浜市立みなと赤十字病院 渡辺孝之副院長

2013年6月11日 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ
演題「糖尿病と歯周病―負のスパイラルを阻止せよ―」
演者:横浜市立みなと赤十字病院 副院長 渡辺孝之先生
内容及び補足「歯周病は歯肉の境目のポケットである、歯周ポケットに細菌(特に嫌気性菌)が入り込んで起こす慢性の炎症性疾患で、糖尿病との相互に悪化させている関係がある。歯垢(プラーク)や歯石が歯と歯茎の境目にできる。プラーク1mgあたり一億個の細菌が何時といわれている。
平成17年の歯科疾患実態調査によると、そもそも日本人30~70歳では80%以上の人に何らかの歯周病の所見を認めており、45~80歳では、4mm以上の歯周ポケットを有する人の割合は40~50%に達すると報告されている。現在の日本人で80歳以上の人の現在歯数は平均9.8本であり、20本以上歯が存在している人の割合は24.1%であるという。
歯周病が全身に対して及ぼす影響として①糖尿病、②虚血性心疾患、③誤嚥性肺炎、④早期低体重児出産、⑤感染性心内膜炎が挙げられる。

健康人と歯周病の人の歯根骨のレントゲンを示す。

糖尿病が歯周病に及ぼす影響としては①唾液中の糖濃度の上昇、②口腔内乾燥、③白血球機能低下などの易感染性、④創傷治癒遅延、⑤歯周組織への血行障害、⑥歯周組織破壊物質産生の高血糖による助長が挙げられる。歯周病関連細菌としては、P.g.菌:Prophyromonas Gingivalis、A.a.菌:Actinobacicclus action-mycetemcomitans、P.i.菌:Prevotella intermedia、B.f.菌:Bacteroides forsythus、T.d.菌:Treponema denticolaが挙げられる。
糖尿病と歯周病の関係(以下の報告がある。)
① 糖尿病でない人に比べ糖尿病の人は約二倍歯周病にかかっている。
② 糖尿病に人では、歯周ポケットの深さなど歯周病の重症度を示す指標が悪い。
③ 血糖コントロールが悪いほど、歯周病の重症化がみられる。
④ 糖尿病の罹病期間が長いほど歯周病に多くかかっている。
⑤ 重度の歯周病があると、糖尿病の合併症の発症率が高い。しかし、進行しすぎても変化はあまり見られない(食事がとれなくなるため?)
⑥ 歯周病治療により、炎症が改善されると血糖コントロールが改善する。3-9カ月の期間のメタ解析ではヘモグロビンA1cが0.4%改善した。
これらの研究は横断調査が多く、歯周病と糖尿病の一側面しかとらえていない可能性があるが、血糖コントロールが悪化すれば、歯周病の発症頻度が上昇しより重篤化する傾向があり、この負のスパイラルを改善する必要がある。逆に考えると、歯周病の予防と治療が血糖コントロールを良くする可能性があり、血糖値のコントロールが歯周病の予防の一役を買っている。当然、喫煙や、歯の磨き方や食べ物の食べ方などほかの要因も重要であるので、総合的に、対応していく必要がある。
糖尿病の治療として、低炭水化物食ダイエットが巷で人気を博している。確かに、短期間においては、他の健康食よりも、体重の減少は有意に優れているが、長期的にみてみると、リバウンドする傾向がみられ、地中海食(日本食に近く、油としてはオリーブオイルを使用している食事)や脂肪制限食と変わらない結果となっている。また、下の図にあるように腎機能が悪いステージⅢの慢性腎疾患患者においては、糖質制限食は、他の建国食事に比べ、腎機能の悪化を招くことが示されている。

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

2013年6月11日 火曜日

GLP-1受容体作動薬の位置づけ 京都大学 稲垣暢也教授

2013年6月10日 ランドマークタワー アストラゼネカ横浜支店
演題「2型糖尿病治療におけるGLP-1受容体作動薬の位置づけ」
演者:京都大学大学院医学研究科 糖尿病・栄養内科学教授 稲垣暢也 先生
内容及び補足「HBA1cが今まで日本で行われていたJDS値からの国際標準のNGSP値に変更されたことに付随して糖尿病の管理目標値の変更となった。
糖代謝の正常化のための目標値:6.0以下、糖尿病合併症予防の目標値:7.0以下、治療強化が困難な際の目標値8.0以下と簡便化された。
GLP-1受動態作動薬は、グルコース依存性にインスリン分泌を促進する作用がある物質で、高血糖時にグルカゴン(血糖値を上昇させる作用+)分泌を抑制する作用や胃内容物排泄遅延作用などの多様な作用機序で2型糖尿病の血糖コントロールを改善する薬剤である。一日二回注射しなければいけなかったバイエッタと週一回の注射ですむビデュリオンの比較試験の結果を下図に示す。空腹時血糖値は、バイエッタが-23.90mg/dlに対して、ビデュリオンの方が-40.57mg/dlと低下作用が強い。食後の血糖値の上昇は、一日二回注射するバイエッタの方が、朝食ごと夕食後の血糖値の上昇をしっかり押さえている。

しかし、平均血糖値の推移であるHBA1cの低下具合は、投与開始12週後ぐらいから差が出始め、26週時点においては、バイエッタが-1.12%であり、ビデュリオンが
-1.43%とビデュリオンの方が強い。これは、空腹時血糖の際からきていると考えられる。

体重の変動においては、26週時点においてバイエッタ-2.45kgに対して、ビデュリオンが-1.63kgとバイエッタの方が体重低下作用が強い。

これは、いないよう排泄遅延作用がバイエッタの方が強い点と、副作用としての悪心、嘔吐、食欲低下作用がバイエッタの方が強いことが影響していると考えられる。

投稿者 川村内科診療所 | 記事URL

お問い合わせ:045-313-5055
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
pick up
pick up
アクセスタイトル

■住所
〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野2-5-18

■診療時間
9:00~12:30 / 14:30~18:30
※土曜は13:00まで診療となります。
休診日は水曜、金曜午後、土曜午後
日曜、祝祭日となります。

■電話番号
045-313-5055

アクセスはこちら
qrコード