ホーム > 診療案内 > 内科一般

内科一般

正しいうがいを覚えましょう

正しいうがいの仕方とは
うがい

口に水を含み、真上を向いて『ガラガラ』とやっています。
これは、気管から勢いよく空気を出し、口に溜めている水を気管の直上になっているノドの正面に当たります。
つまり、通常の上向きの嗽では、ノドの正面しか洗えないのです。顔をやや上方に向け首の角度を変えていくと、むせるところが見つかります。
そこがひどく痛んでいる部分であり、その角度で、痛んでいる粘膜にへばり付いている(ウイルスや菌を多く捕まえている)粘液を洗い落とすのが効果的なうがいの角度になります。

むせそうになる角度を探していると、演歌歌手の都はるみさんが歌っている斜め上向きとなります。この嗽をしている状態は、ホースの水を当て、汚れを落としている作業に似ています。当然ですが、水が汚れているところに当たっても、すぐに別のところに移動すると汚れはあまり落ちません。

落ちが悪い時は、歌を唄って周波数を変えましょう。

お問い合わせ:045-313-5055
  • RSS配信
  • RSSヘルプ
pick up
pick up
アクセスタイトル

■住所
〒220-0073
神奈川県横浜市西区岡野2-5-18

■診療時間
9:00~12:30 / 14:30~18:30
※土曜は13:00まで診療となります。
休診日は水曜、金曜午後、土曜午後
日曜、祝祭日となります。

■電話番号
045-313-5055

アクセスはこちら
qrコード